美容整形

【歯並び矯正を始める方へ】歯列矯正は結局いくら費用がかかるの?

歯列矯正は結局いくら費用がかかるの?

一般的な歯列矯正は保険適用外となり、完全な自費治療とされています。

 

歯並びを治したいと思った際には、インターネット等で様々な情報を収集する方が多いかと思います。

しかし、矯正費用や治療方法を調べるだけで膨大な時間がかかってしまう方が多いのではないでしょうか。

 

どの情報を信用して、どのくらいの費用や値段を想定しておけば良いのか…そんな悩める矯正初心者様に向けて『大まかな費用』について、こちらの記事で紹介させて頂いております。

大人の歯列矯正の費用はどのくらい?

大人の歯列矯正の費用表

歯列矯正を検討されている方の場合、身近な存在で矯正経験者がいればすぐにでも値段などを把握する事ができるかと思います。

 

しかし、身近な存在で矯正経験者が居ない場合には全てをゼロから調べ上げる必要があります。

また、歯医者さんによっても歯列矯正にかかる費用提示は異なる事があり、結局いくら必要なんだろう…なんて疑問を抱いている人は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

 

結論として・・・

大人の歯列矯正治療は検査代も全て含めて

70万~150万程度

検査代とは

歯列矯正を行う為にはカウンセリング・レントゲン・メンテナンス・定期的な検査等を行う必要があり、その検査代を含めた総額が70万~150万程度と想定されています。

料金の違いには歯列矯正を行う前の、現段階での歯並びの状態・難易度・矯正に使用する器具の違いによって料金が異なってくるのです。

 

治療が難しい場合や、目立たない矯正器具(裏側器具)を選んで治療を行いたいと思った場合には、費用が高額になる傾向があります。

 

矯正治療をする前にかかる費用

矯正治療をする前にかかる費用

実際に歯並びを調整する前にかかってくる費用についてです。

歯列矯正を行う為には、カウンセリングや事前診断が必須となります。

 

今の歯並びの状態を歯医者さんに見てもらい

『どのくらいの費用が必要か』

『どのくらいの期間がかかるのか』などを診断してもらう必要があります。

この場合に矯正相談費用として

2,000円~5,000円程度

がかかってきます。

歯医者によっては相談料金は無料となっている場合もあります。

まずは、相談だけ…話だけ…を聞いてみたいのであれば、無料相談が出来るクリニックを探して足を運んでみるのがおすすめと言えます。

 

歯列矯正における相談やカウンセリングを終えた段階では、精密検査から開始されます。

精密検査とは、現状の歯並びの状態を検査する段階の治療となります。

2万円~5万円程度

精密検査では、レントゲン撮影と現状の歯形を調べて今後の治療方向性を確認する為の検査となっています。

精密検査が終了すると、1か月程度の期間を置いてから歯医者に足を運んで、検査の結果を元に治療方針を決定する流れとなります。

 

矯正器具を使う際に必要な費用

矯正器具を使う際に必要な費用

歯並びを治す為の矯正方法や器具は沢山の種類が存在しています。

そのやり方や種類によっても期間や値段が異なってきます。

 

●1番スタンダードなワイヤー治療(表側治療)を行う際の費用としては

約60万~90万円

 

●ワイヤー治療で、上の歯は(裏側)下の歯が(表側)の治療方法を「ハーフリンガル」と呼び、この場合の治療費用としては

約80万~120万

 

上下両方共の裏側治療を行う方法は「フルリンガル」と呼び、この治療費用としては

約100万~150万

表から見て目立たないように裏側に矯正器具を取り付ける場合には、それ相当の技術が必要となり費用も高額となってきます。

 

マウスピース型矯正器具の場合には、毎日食事や歯磨き以外の時間をマウスピース装着して生活を送らなければなりません。取り扱いの多いオーソドックスな「インビザライン」の費用は

約80万~100万円

 

矯正治療の終了後にかかる費用

矯正治療の終了後にかかる費用

矯正器具を取り外した後には、歯が戻らないようにリテーナーの装着や定期的な検査が必要となります。

リテーナーとは

透明型でマウスピースのような装置です。歯並びが戻らないように一定期間装着する矯正器具です。

リテーナーの作成には費用がかかる場合と治療費に全て含まれている場合の2パターンがあります。事前のカウンセリングで確認しておきましょう。

約3万円~

 

抜歯をする場合にかかる費用

抜歯を行う場合にかかる費用

歯列矯正の際には、
4本抜歯することが基本とされています。

 

矯正治療の抜歯は便宜抜歯と呼ばれ、自費治療(自己負担)となります。

 

歯並びの状態にもよりますが基本的に4本抜くのが一般的な矯正治療での抜歯となります。

1本:5,000円~10,000円

 

定期診断でかかる費用

定期診断でかかる費用

矯正装置を付けている期間や、器具を取り外した後にも定期的なメンテナンスや診断を受けに行かなければなりません。

 

毎回の処置費用に関しては、
全て治療費に含まれている場合や、
別途で必要なケースの2種類があります。

基本的には別途で毎回治療費が必要となるクリニックが多いです。

 

毎回の処置費用としては

約2,000円~5,000円

 

虫歯治療を同時進行する費用

虫歯治療を同時進行する費用

矯正治療で器具を装着してしまうと虫歯の治療ができなくなってしまう場合があります。

 

その際には、矯正治療の前に虫歯治療を行ってから器具の装着に移行するケースがあります。

また、器具の装着期間中に虫歯ができてしまった場合には、その際に虫歯治療を施すこともあります。

 

虫歯治療は一般的なクリニックでの治療費用と同額です。

矯正器具を付けているからと言って高額になる事はあまり無いです。

虫歯治療は3割負担で

約3,000円くらい

矯正にかかる費用

  • カウンセリング代金
  • 精密検査代金
  • 虫歯治療費
  • 抜歯の費用
  • 矯正器具の費用
  • リテーナーの作成費用
  • 定期的な診断費用

※費用面で心配な方は矯正治療を行う前の段階で、後から追加料金がかからないように総額の費用を事前確認しておきましょう。

 

歯列矯正はデンタルローンが可能

歯列矯正はデンタルローンが可能

歯列矯正は自費診断となり、高額な治療費用が必要となります。その為にデンタルローンを活用する方法が可能となっています。

いざ歯並びを治したいと思っても、一括で100万円前後の費用を準備するのはとても大変…

そんな場合にはデンタルローンやクレジットでの分割支払いなどを活用することを検討してみましょう。

 

歯並びは他人に与える影響が大きく、綺麗な歯並びの人は第一印象が良いとされています。

歯並び治療で素敵な笑顔を・・・

デンタルローンとは

歯科治療の為の医療ローンです。歯列矯正をはじめとするインプラント治療でも使える医療ローンであり、金融機関などに立て替えてもらって支払う方法です。

-美容整形
-,